社内が禁煙になった場合はチャンピックスを

最近では社内禁煙の会社が増えています。
以前は分煙されていたところでも喫煙室が無くなり社内はどこであろうと喫煙が出来なくなってしまったというケースもありますがそんな時は一層の事健康のために禁煙をはじめてみるのもいいでしょう。
喫煙はストレスの解消やリフレッシュのためにする方が多いのですが禁煙に一度成功してしまえばイライラもなくなり喫煙をしなくても美味しい空気が吸えるようになります。
しかし理屈では分かっていてもなかなか禁煙できないもの、吸えなくなるとイライラが募ってしまう方もたくさんします。その影響で迷惑をこうむる方もいるでしょう。
そこで利用するのがチャンピックスです。
これは禁煙外来などで処方してもらえる薬なのですが、禁煙しているときのイライラが起こらないようになり、逆に喫煙してもすっきりしない効果があります。
つまり無理なく禁煙ができるのです。
まずタバコをやめる1週間前からチャンピックスを飲み始め、12週間ほどそれを続けます。
その後チャンピックスを辞めてもタバコなしでも平気でいられるようになり完全に禁煙に成功します。
これで社内で全くタバコが吸えなくなっても仕事に支障をきたすことはありませんしタバコ休憩をすることもないので仕事に打ち込めるのです。
たばこの価格も税率のアップで軒並みに上がっていますし会社のみならず他の場所でもタバコの吸える場所はかなり少なくなっているためタバコを吸うメリットはもうもはやありません。
チャンピックスにもお金がかかりますがこれから一生タバコを吸う場合の費用と引き換えと考えると逆に節約ともいえます。
また肺がんは他の病気にかかるリスクも少なくなりますし寿命も取り戻せます。